ロッキー最新作『クリード/炎の宿敵』はシリーズを復習してから観に行こう!


2015年に公開され、世界中で大ヒットしたボクシング映画『クリード/チャンプを継ぐもの』の続編が1月11日から公開となります!

本シリーズはあの有名な『ロッキー』シリーズのスピンオフで、ロッキーのライバルだったアポロ・クリードの息子ドニーが主人公です。

かつて父のライバルだったロッキーに教えを乞うという当時のファンからしたら胸が熱くなるような展開で、公開しすぐに続編の制作が決定するほどの大ヒットを記録しました。

そんな本作のメガホンをとったのは『ブラック・パンサー』でアメコミ映画トップクラスの収益を出したライアン・クーグラー。脚本は『ロッキー』で主演を務めたシルベスター・スタローンが手掛けています!

主演のマイケル・B・ジョーダンやシルベスター・スタローンも続投し、『ロッキー4/炎の友情』にも出演した格闘家のドルフ・ラングレンも参加。過去作関連のキャラクターが復活することでよりシリーズ色の強い作品になっているのではないでしょうか。

前作が大ヒットしただけにプレッシャーも強かったと思いますが、すでに公開されているアメリカの批評を見る限り心配することはなさそうです。

『クリード/炎の宿敵』のあらすじ

伝説のチャンピオン、アポロ・クリードの息子であるアドニスはロッキーから指南を受け、とうとう世界チャンピオンとしてボクシング界の頂点に君臨する。

しかし自身の父を倒したロシア人ボクサー、イワン・ドロゴの息子との対戦で動揺したアドニスは何とか勝利を掴むものの、その後の不調から第一線から退くことになってしまう。

ボクシングを離れフィアンセとの間に生まれた子供との時間を過ごしていたアドニスだったが、ボクシングを忘れられず再びリングへと戻ってくる。

『ロッキー』シリーズとの関連性

前作『チャンプを継ぐもの』は『ロッキー』第一作目の焼き直しとも言える作品でした。過去作関連のセリフやキャラクターは出てくるけれど、初めてシリーズに触れる方でも観やすい作品と言った感じですね。

しかし、続編である『炎の宿敵』はそのサブタイトルの通り『ロッキー4/炎の友情』との関連性が強い作品なのは明らかです。

『ロッキー4/炎の宿敵』はシリーズ最大のヒット作であり、当時のソ連からやってきたボクサーとロッキー&アポロの戦いが展開されました。

シリーズ最大ヒットであると同時に、85年のゴールデンラズベリー賞(最低映画賞)にノミネートされてしまうほど評価が別れた珍しい作品でもあります。

『クリード/炎の宿敵』の作中では主人公アドニスの父親を殺したイワンの息子が登場し、息子同士因縁の対決が実現します。この辺りもロッキーとイワン、イワンとアポロの関係を知っておいた方が確実に楽しめるでしょう

また、イワン役として約30年ぶりにドルフ・ラングレン本人が出演しているのもファンにとっては嬉しいサプライズですね!

『ロッキー』シリーズ作品を観直すならU-NEXTで!

『クリード/チャンプを継ぐもの』を含めると、『ロッキー』シリーズは現在までに7作品作られており『クリード/炎の宿敵』で8作目となります。

1976年から40年以上にも渡って制作が続けられている長寿シリーズですから、作品毎ごとに時代や設定がちょくちょく変わっていくのもご愛敬。そして1から観直すのはかなり大変ですねw

しかし、ビデオオンデマンドサービスのU-NEXTなら『ロッキー』シリーズ全作品を取り扱っているから一気に観るなら超便利!

初めて利用される方なら1か月の無料お試し期間と、有料作品で利用できるポイントも貰えるのでかなりお得に始めることができますね!

シリーズの中でも『クリード/炎の宿敵』と直接関わってくる『ロッキー4』と『クリード/チャンプを継ぐもの』は必見ですよ!