『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』と一緒に前作も観ておこう!


ロビン・ウィリアムズが主演を務めたファンタジー映画『ジュマンジ』のリブート作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が4月6日から公開されます!

オリジナル版は工事現場で拾った「ボードゲーム」がジュマンジでしたが、本作では時代の流れで「テレビゲーム」がジュマンジになるようです!

すでに公開されてる海外では、同時期の2017年年末に公開された『スターウォーズ/最後のジェダイ』の興行成績を上回る成績を残し、ドウェイン・ジョンソン主演作の中で1番の成績になりました。

ドウェイン・ジョンソンの他にコメディアンのジャック・ブラックや同じくコメディアンのケヴィン・ハート、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役で有名なカレン・ギランが出演しています!

オリジナル版で主演を務めた伝説のコメディアン、ロビン・ウィリアムズは残念ながらすでにこの世を去っているため出演はありませんが、オリジナル版を超えるほど興行成績を上げているのでクオリティーが下がる心配はなさそうです。

そんな本作のメガホンをとったのは『SEXテープ』、『バットティーチャー』でコメディー映画に定評のあるジェイク・カスダン監督、脚本を手掛けたのは『主人公は僕だった』のザック・ヘルムです。

今年一番のコメディー映画といっても過言ではない本作公開が待ち遠しいですね!!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のあらすじ

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

高校生の男女4人の生徒たちは居残りをさせられている最中に「ジュマンジ」と書かれたテレビゲームを発見する。

早速「ジュマンジ」をプレイしようとする4人だったが、電源を入れた瞬間にテレビゲームの中に入り込んでしまい、それぞれアバターに割り振られジャングルの中に投げ出されてしまう。

キュートな女子高生が太ったおやじになったり、ヒョロヒョロの男子はマッチョな探検家になったりと各々全く別の姿へと変わった彼らは与えられたスキルと3つのライフを使ってゲームクリアを目指すのだが…。

オリジナル版との違いは??

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

うえでも書いた呪いのゲームの「ジュマンジ」の形がボードゲームからビデオゲームに変わったこと以外にも大きな違いがもう一つあります!

オリジナル版ではボードゲームの中に入ってしまった少年が大人になるまで閉じ込められてしまい、ゲームの中の動物や人物が現実に飛び出してきてしまうストーリーです。

しかし、本作では主人公たちがゲームの世界に入る逆の設定になっていますね。当時はVFXの関係からゲームの中に入ることが技術的にできませんでしたが、現在では壮大なゲーム世界を表現できる技術があるため時を超えて実現した企画といえるでしょう!

また、ジャングルを冒険するボードゲームだったオリジナル版を踏襲してかテレビゲームの舞台もジャングルになり、タイトルにも「ジャングル」が使われるジャングル推しな映画になりました(笑)

予告編を見た感じではタイトルとゲームの設定以外ほとんどオリジナル版とは関係のないような印象を受けますが、根底にはこのようなオリジナル版に対するリスペクトがあるみたいですね!

オリジナル版『ジュマンジ』をお得に観るならdTV!!

携帯電話でおなじみのドコモが展開しているビデオオンデマンドサービスdTVでは本作の公開を記念してオリジナル版『ジュマンジ』を配信中!

今は亡きロビン・ウィリアムズがまるで子供のようなキャラクターを演じ話題になったオリジナル版をチェックしてから新作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観に行ってみてください!

現在dTVでは通常月額500円かかるところを、お試しで初回限定1か月無料のトライアルキャンペーンを行っているので初めての方でも安心して始めることができますよ!!