『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新作公開前にシリーズをイッキ見しよう!

ジュラシックワールド炎の王国


遺伝子操作によって現代に蘇った恐竜たちを描いた『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日から公開となります!

2002年の『ジュラシック・パークⅢ』以来ながらく制作が行われてこなかった本シリーズが、2015年から『ジュラシック・ワールド』として再び始動!

『ジュラシック・ワールド』では、さらに遺伝子を組み合わせて強化された人工恐竜「インドミナス・レックス」によって再び恐怖に陥ったパークを描いており、日本を始め世界各国で歴史的な大ヒットを記録したことは知っていると思います!

そんな大ヒット作の続編となる本作ではパークの在ったイスラ・ヌブラル島で火山の噴火が起き、死滅していく恐竜たちを保護する展開で、これまでとはまた違ったストーリーになっています!

主演を務めるのは前作同様売れっ子俳優のクリス・プラット。
彼は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』等の大作映画に立て続けに出演し、そのキュートなルックスからビジュアル面でも人気のある俳優です!

ヒロインのクレア役も前作から引き続きブライス・ダラス・ハワードが担当しています。さらに、本作の悪役としてジェームズ・クロムウェルがキャスティングされ、大きな話題を呼びました!

中でも注目したいのが『ジュラシック・パークⅡ』までメインキャストとして登場していたジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム博士が登場することです!

彼が再びジュラシック・パークを訪れることになるのか、カメオ的な登場になるのかはまだ分かっていませんが、旧シリーズから久しぶりの登場とあってどういう役回りになるのか気になりますね!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のストーリー

ジュラシックワールド炎の王国

前作の悲劇から4年の歳月が経過した2019年。テーマパーク「ジュラシック・ワールド」があったイスラ・ヌブラル島は火山の噴火の前兆が現れていた。

島を管理している人間たちは恐竜たちを助けるか、運命に逆らわずまた絶滅の道を歩ませるのか即座に判断しなければならなかった。

元恐竜監視員のオーウェンと元運営管理者のクレアは火山噴火から恐竜たちを救うため、イスラ・ヌブラル島に再び上陸する。

苦難の末オーウェンたちは恐竜たちの保護に成功するが、その裏では富豪による恐竜の売買と遺伝子組み換えによって新種「インドラプトル」が作られていることが発覚するのだった…。

さらに広がるジュラシック・パークの世界

ジュラシックワールド炎の王国

『ジュラシック・パーク』第1作目がスティーブン・スピルバーグの手によって世に送り出されてから25年。いろいろな障害がありながらも、シリーズは5作品も作られることになりました!

映画以外にもシリーズはゲーム化やアニメ化、さらにはアトラクションにまでなるほどの人気ぶり。スピルバーグ監督作の中でも最も有名なシリーズの1つなのではないでしょうか!

スピルバーグは2作目の『ロストワールド/ジュラシック・パーク』までしか監督してなく、製作総指揮として参加しているだけですが最新技術も相まって未だに世界一の恐竜映画となっています!

『ジュラシック・ワールド』シリーズもすでに第三作目の公開が2021年に決定されていて、さらに広がっていく『ジュラシック・パーク』の世界。

シリーズにまだ触れたことがない方でも前作『ジュラシック・ワールド』さえ観ておけば最新作を楽しむことができるので、前作を復習してから劇場にいくことをオススメします!

『ジュラシック』シリーズを復習するならU-NEXTで!

日本最大級のビデオオンデマンドサービスを展開しているU-NEXTでは『ジュラシック』シリーズを配信しています!

U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間中なら無料で見放題作品を観ることもできて、有料作品で使えるポイントももらえちゃうキャンペーンを実施中

シリーズ最新作公開前に復習しておくのもいいかもしれませんね!