『レディーバード』大注目のシアーシャ・ローナン出演作をU-NEXTで観ておこう!

レディ―バード


歴史的な高評価を叩き出し、アカデミー賞作品賞にもノミネートされた映画『レディ―バード』が6月1日から日本でも公開されます!

残念ながらアカデミー賞は『シェイプ・オブ・ウォータ―』に譲ってしまいましたが、アメリカの大手レビューサイト「rotten tomato」196番目まで100%の評価を受けていた歴史的な作品となりました。

本作は脚本や演出、主演を務めたシアーシャ・ローナンの演技に至るまで2017年で最も評価を得ていて、女性監督の作品としては最高の興行成績を叩き出しているんでです。スゴイ。。。

そんな本作のメガホンを取ったのはこの作品で映画監督初挑戦となるグレタ・ガーウィグ。これまでは脚本家や女優として活躍していて、『ローマでアモーレ』や『20センチュリー・ウーマン』といった大作映画にも出演してきた経験を持つ方です。

彼女はまだ34歳で初監督作品ながらここまでの評価を受けているのは珍しいと言えるでしょう。

去年は『ゲット・アウト』の異常なほどの評価でちょっと埋もれてしまっていましたが、彼女もまたこれからの活躍に期待が持てる映画監督の一人です。

キャストの方は主演のシアーシャ・ローナンの他にも『君の名前で僕を読んで』の演技が評価されたティモシー・シャラメや、本作でゴールデングローブ賞にノミネートされたローリー・メトカーフといった演技派のキャストたちが集結しています。

ストーリーだけでなく演技面でも高い評価を受けている『レディーバード』。出演者たちの演技にも注目してみてください!

『レディ―バード』のストーリー

レディ―バード

アメリカの田舎町サクラメント。自身のことをレディ―バードと呼ぶ高校生のクリスティンは憧れの大都会ニューヨークの大学に通うことを夢見ていた。

そして迎えた高校生活最後の1年。彼女の心はボーイフレンドや愛する家族、自身の将来について悩み、揺れ動いている。

悩める17歳の「レディ―バード」の心情をリアリティーに描いた青春超大作

今大注目の女優シアーシャ・ローナン

本作の演技でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていたシアーシャ・ローナンは、2007年の映画『つぐない』で13歳ながら助演女優賞にノミネートされた天才子役でした。

彼女の演技は子役という枠から大きくはみ出し、その後も『ラブリーボーン』や『ブルックリン』で多大な評価を受けてきた若手最注目の女優です。

残念ながら3回のノミネート経験があるにも関わらずオスカー受賞経験はありませんが、彼女はまだ23歳。この年齢で3回もノミネートされているなんて、それだけで驚きですよね!

今年はスコットランドの女王メアリー・スチュアートの生涯を描いた映画で主演を務め、チェーホフの戯曲「かもめ」を映画化した作品に出演するなど、どんどん活躍の場を広げて生きています。

そんな彼女の出演作には『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが監督した『ロスト・リバー』や、出世作となった『つぐない』の監督と再タッグを組んだアクション映画『ハンナ』といった娯楽映画もあり、演技の幅を観ることができます。

日本での知名度は他のセレブたちに比べまだまだといったところですが、今後も多くの映画作品での活躍が期待されている演技派女優です!!

シアーシャ・ローナン出演作を観るならU-NEXT!

現在国内大手VODサービスのU-NEXTでは、『つぐない』や『ラブリーボーン』、『ブルックリン』といったシアーシャ・ローナン出演作を多数配信中!

U-NEXTは31日間の見放題お試し期間に加え、本来なら別料金が発生してしまう作品をお得に楽しめるポイントが無料で貰えちゃいます!

『レディ―バード』公開前にぜひU-NEXTでシアーシャ・ローナンの演技を堪能してみてください!