スピルバーグ最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を観る前に関連作をお得に観よう!

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』


過去にアメリカで起きた機密文書流出事件を題材にした映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が3月30日から公開されます!

本作は今年度アカデミー賞で作品賞を始めとする多数の賞でノミネートされており、『シェイプ・オブ・ウォータ』と並び作品賞の有力候補とされているようです。

そんな本作のメガホンをとったのは『ジュラシック・パーク』や『未知との遭遇』で知られるスティーブン・スピルバーグ。

『インディージョーンズ』シリーズなどで娯楽作を制作するイメージの強い彼ですが、最近は『戦火の馬』や『ターミナル』などの人間ドラマを監督し、高い評価を受けています。

主演を務めるのは数いる名女優の中でもアカデミー賞最多ノミネート記録を持つメリル・ストリープと『ターミナル』や『プライベート・ライアン』でスピルバーグとのタッグが多いトム・ハンクスです。

メリル・ストリープは本作でも主演女優賞にノミネートされており、自身が持つ最多ノミネート記録を更新しましたもし受賞したら主演女優賞最多となる3度目の受賞になります!

他のスタッフも豪華で、脚本には一昨年のアカデミー賞で作品賞を受賞した『スポットライト』のショシュ・シンガー。音楽は有名すぎる『スターウォーズ』『ハリー・ポッター』などのテーマ曲を手掛けたジョン・ウィリアムスです!

今年はノーラン監督の『ダンケルク』やデル・トロの『シェイプ・オブ・ウォータ-』といったライバルがいながらも、明らかな存在感を発揮している本作の公開が待ち遠しいですね!

『ペンタゴン・ペーパーズ』のストーリー

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

時代はベトナム戦争真っただ中の1971年。アメリカでは長引くベトナム戦争に反感を持つ人々が日に日に増えていった。

そんな中ベトナム戦争のすべてを記録した最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」が新聞社・ニューヨークタイムズによってリークされる。

報道の自由を奪い、政府自らが言論統制をし始めようとするのだがライバルの新聞社・ワシントンポストのキャサリン・グラハムとベン・ブラッドリーは記事を止めようとする政府と戦うことになる。

ライバルのはずのニューヨークタイムズとワシントンポストは互いに協力し合いながら、政府がひた隠しにする真実を世に明かしていくのだった…。

おすすめのスピルバーグ監督作をまとめて紹介!

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

街を歩いている日本人に「知ってる映画監督1人上げて!」ってインタビューしたら恐らく半分以上がスティーブン・スピルバーグの名前を挙げるでしょう!

それくらい著名な映画人であり、誰しもが彼の映画を観たことがあるはずです!

そんな彼の代表作といえば初めての「サメ映画」を作り出し、パニックというジャンルを確立させた『ジョーズ』ですね!意外と観たことがない人が多いような気がしますが、『E・T』と並びスピルバーグを代表する名作映画です!

ちょっとマイナーな作品を挙げるとするなら、あの日本の名優・三船敏郎も出演した『1941』もオススメ

三船敏郎のファンを公言するスピルバーグがやりたいように、作りたい映画を作った雰囲気が漂う意欲作だと思います。

また、最新作『ペンタゴン・ペーパーズ』のようなシリアスな人間ドラマを観たいならトム・ハンクスが主演の『ターミナル』や作品賞を受賞した『シンドラーのリスト』もいいかもしれません。

特に『ターミナル』は個人的にスピルバーグ映画の中で一番の出来だと思うので、ぜひ観てみてほしいです!アクションとかSFが苦手な方でも楽しめると思いますよ!

もう少しで公開される『レディプレイヤー1』の期待度が高い!!これから一般化していくであろうVR世界が描かれている作品も楽しみですね!!

スピルバーグ作品を観るならU-NEXTがイイ!

現在U-NEXTでは『ターミナル』、『ジョーズ』、『未知との遭遇』といったスピルバーグ映画を多数配信中!

そのほとんどが見放題作品に分類されているので31日間の無料お試し期間中にいくらでも楽しむことができちゃいますよ!

期間中に退会すればお金も一切かからないので、一度試してみるのもいいですね^^