トム・ハーディ最新作『ヴェノム』過去のスパイダーマンシリーズとの関連性とは!?


あの『スパイダーマン3』にも登場した悪役を主人公に置いたアメコミ映画『ヴェノム』が11月2日から公開決定!

新シリーズ第一作目になっているので、過去のスパイダーマンシリーズとは一切関係のない新たなスタートを切った本作は、悪役(ヴィラン)が主人公という新たな設定を生かしたダークヒーロー映画になっています!

そんな本作のメガホンをとったのは『ゾンビランド』や『LAギャングストーリー』で新たな道を開いたルーベン・フライシャー監督。アメコミ映画を監督するは本作が初ですが、これまでの作品から『ヴェノム』の雰囲気に合っているはず!

主人公エディ・ブロック役を演じたのは『マッドマックス/怒りのデスロード』や『ダークナイト・ライジング』の悪役を演じたトム・ハーディです!

最近大ヒット作に出演し続けている売れっ子俳優ですから、シリーズ第一作である大事な本作にキャスティングされるのも納得ですね!

他には『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズがヒロインを、『ローグワン』のリズ・アーメットがヴェノム誕生のきっかけになる研究者役を演じています。

まだ役柄が発表されていないキャストたちもいるらしいので、公開までお楽しみって感じですね!

『ヴェノム』のストーリー

とある団体が歴史発見をしたという情報を入手したジャーナリストのエディ・ブロックは人体実験の証拠をつかむため団体の取材を開始する。

取材を進めるにつれ、人体実験の被験者となった人物と接触したエディだったが謎の寄生生物「シンビオート」に規制され意識を失ってしまう。

次第にエディはシンビオートのささやき声が聞こえるようになっていき、身体にも心にも異変が現れ始めるが…。

スパイダーマンとの関係は?

先ほども書いたようにヴェノムはもともとマーベルコミックス『スパイダーマン』シリーズの悪役でした。

原作では『スパイダーマン3』で描かれたようにスパイダーマンに寄生したシンビオートが別のキャラクターに乗り移ることで「ヴェノム」というキャラクターが誕生します。

しかし、映画版『ヴェノム』にはスパイダーマンは登場しないと言われており、去年から始動している新「スパイダーマン」シリーズとの関連はほとんどありません。

実はスパイダーマンのキャラクターは現在『アベンジャーズ』でおなじみの「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズに貸し出しているため、ヴェノムに登場させることができないそう。

今年公開されたばかりの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではスパイダーマンが活躍し、『スパイダーマン/ホームカミング』の続編も制作中で『ヴェノム』とのリンクはこの先もなさそうです。

とはいうものの、ソニーピクチャーズは『ヴェノム』を第一作目としたマーベルヒーローたちが活躍するシリーズ「ソニーズユニバース」を新たに展開するようで、主演のトム・ハーディは『ヴェノム』に続く3本の映画作品に出演するのだとか。

現在はまだ無理でも、いずれマーベルユニバースの世界にいるスパイダーマンや他のヒーローたちとの共演が実現するかもしれません!

『スパイダーマン』シリーズを観るならU-NEXTで!

ビデオオンデマンドサービスU-NEXTならヴェノムが登場した『スパイダーマン3』や、最新作『スパイダーマン/ホームカミング』までのあらゆるシリーズを配信しています!

U-NEXTには初回登録時に限り31日間の無料トライアルキャンペーンと有料作品で使えるポイントが貰えるサービスがあるので初めての方でもお得に始めることができるんです!

『スパイダーマン』シリーズにまだ触れたことがない方も、『ヴェノム』の前に復習しておきたいって方にもおすすめですよ!